欧米amzon(アマゾン)輸入実践者リサーチ能力

やんぞうです。

僕は主に欧米輸入を中心に稼いでいます

今日は、欧米amazon輸入者のリサーチ能力についてお話をしていきたいと思います。

157ハッキリ言いますが、中国輸入、ヨーロッパ輸入実践者の方達よりもリサーチ能力は低いと思います。

なぜなら、欧米輸入をやっている方の大半は、amzon イーベイ googleShopping
までしか検索をしません。

このサイトで型番等を入れるだけの作業で完結してしまうことが多いので、
他の国で仕入れをしている方は、画像検索なりドメイン検索をおこなっているからです。

画像検索はグーグルで画像検索と入力すればやり方は簡単に見つけることが出来ると思います。

ドメイン検索とは、世界のグーグルと検索をすれば各国のグーグルにとぶ事ができるので、試してください。

ブランドには原産国というのがあって、そのブランド名をウィキペディアで調べれば原産国が解るので
原産国で仕入れをするのが1番安く仕入れを行う事ができます。

欧米輸入でも、ドメインリサーチでgoogle.comで検索をすれば、amzon イーベイ googleShopping
より良い仕入れ先が見つかる場合があるのでしっかりとここまで検索をして下さい。

Amazon(アマゾン)輸入 仕入れ基準 仕入れ判断

やんぞうです。

さて、今現在ネット販売をおこなっている方はどのような基準で仕入れをしていますか?

160
利益率だったり、利幅だったりと人によって仕入れ基準はことなります。

例えば、月利で100万稼ごうと思ったら利益率が20%あれば売上が500万で達成できますね。

利益率が10%だった場合は1000万売り上げなくてはいけません。

奇跡的に25%取れたら400万で100万円稼げちゃいます。

 

 

僕の場合は、利益率は全体でみるものなので利益率が10%しかなくても単価が高く1個売って3000円とかになるなら仕入対象にしちゃいます。

ただ1日1個は売れていくペースに限りますが、この時は回転率が良いのなら10%上等で攻めにいきます。

はっきり1つだけ言えることは単価をあげれば作業量は減るので打ちながらと考えるなら単価を上げましょう。

年間で1000万の売上がでて、翌々年から消費税支払義務がでますが、それまではあまり利益率に拘らずシッカリと利益がとれる商品を見つけてガンガン売って回転率を高めてください。

 

 

市場を操れるようになると面白いですよ。ネット販売とはいえ、これはれっきとしたビジネスなので資本主義である限り競争は避けれないので競争に勝てるように各自のモチベーションを上げていきましょう。