Amazon(アマゾン)輸入 関税について

やんぞうです。

関税について説明をしようと思います。

個人輸入でも必要な関税と消費税、

Amazonや海外のショップから商品を買うと輸入になるので、税関を通るときに関税+消費税と手数料が掛かります。

いくら以上買うと関税が発生するのか?

l_055

税関では次の3種類の費用が掛かります。関税は商品によって税率が違います、一定額以下の場合は3つとも支払う必要はなくなります。
関税、消費税、通関手数料

商品価格の60%が課税対象

個人輸入の場合は、商品価格の60%が関税を計算するときの基準になります。

商品価格×60%×関税率+消費税+通関手数料
個人輸入でも、他人に売るための輸入は業者と同じ税金を取られます。商品価格+送料が課税対象になります。
16,666円以下は免税

課税対象額が1万円以下なら関税と消費税の支払いを免除されます。同時に複数の荷物が送られてきた場合は、その合計金額で判断されます。1つ1つの荷物が1万円以下でも、合計が1万円を超えれば課税対象です。
個人輸入の場合は「商品価格×60%」が課税対象なので、商品価格16,666円以下なら税金がかかりません。
通関手数料は200円です。

荷物が税関で課税の対象になった場合、通関手数料がかかります。通関手数料は荷物1つにつき200円です。
関税と消費税の税率

関税の税率については

下記からご確認ください。

http://www.customs.go.jp/tariff/2015_4/

課税対象の価格が10万円以下の場合は、税率が簡易税率になります。

amazon.com アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏の言葉

やんぞうです。

amazon.comのCEOジェフ・ベゾス氏の言葉で

「失敗を覚悟すると、心は軽くなる」

l_001

という名言を口にしましたが

amazon.comは、通販サイト世界最大の
売上高11兆円が目前に迫っている企業です。

amazonといえば、
「ネットとリアル店舗の融合」を掲げた
流通業界大手のセブン&アイHDと

「この戦いを制したものが日本を制する」
と言われている程激化をした戦いを勃発している企業です。

セブン&アイHDが展開しようとしている
「オムニチャネル戦略」とは、

全てを意味する接頭辞「オムニ」
経路を指す「チャネル」
を掛け合わせた言葉です。

つまり、同社のグループ会社全ての販売経路を一元化をし、
商品を顧客に提供するサービスのことです。

現在進行で進化をし続けている
この2社のサービスは素晴らしいと思います。

さて、ジェフ・ベゾス氏の言葉で

「失敗を覚悟すると、心は軽くなる」

ベゾス氏自身も、1994年に起業したときは、
スタートアップのための資金を
家族から借りていたほどお金がありませんでした。

それでも、「成功する確率は30%」と考えていたそうです。

その為に、
家族にはなくなってもいいと思うお金を
出してほしいと頼んでいたようですので、

今のベゾス氏とアマゾンの勢いを考えると
到底信じられないことです。

「絶対成功するはずだ!」
と思い込むことは必要なことでも、
かえってそのプレッシャーが重荷となり、
フットワークを重くします。

ですので、
「失敗して当たり前」と考えるぐらいのほうが、
挑戦への意欲を駆り立て、
フットワークを軽くする秘訣だといえます。

008
僕も、失敗覚悟で挑戦することは多々ありますが、

「必ず成功する!」と信じる反面、
「失敗から学べることはある」と想定しています。

「失敗を想定するなんて弱すぎじゃんと思う方は」
そう思われるかもしれませんが、

逆にこう考えたことはありますか?

「失敗をしない人生なんてありますか?」

この質問に「Yes!」と答えられる人はいませんよね。

なぜなら、人は皆、必ず失敗するからです。

「ビジネスで失敗した・・・」
「好きな人に告白して失敗した・・・」
「買い物に失敗した・・・」

といった失敗は良くあります。

なので、「失敗を想定した行動」は必要になってきます。

そうした失敗を想定した行動をしていると、
たとえ失敗した時に

「ありえない・・・」

と感じても、そこからすぐに再起できる

「気持ちの切り替え」
「行動の速さ」
「新たな挑戦への意志」

を芽生えさせることができます。

ですのであなたも、
失敗を覚悟して、心を軽くしてみてください。

失敗を覚悟すれば、
失敗した時の再起のスピードが格段に上がりますので、

「必ず成功する」と信じる反面、
失敗を想定した行動を起こしていかれてください。

気持ち的には成功を信じて、
それでも、現実的に失敗を受け入れる。

その心境が成功の確率を高めていきますので、

「失敗を覚悟すると、心は軽くなる」

というジェフ・ベゾス氏の言葉を胸に刻み、
成功の道を突き進んで下さい。

アマゾン輸入コンサル生とブラックフライデーについての内容

やんぞうです。

11月27日から皮切りに始まるブラックフライデー
サイバーマンデーについてコンサル生だったねこいちさんと話しました。

まずお互いに共通した内容がamazonからは絶対に買わないという姿勢で攻めるというのは意見が一致しました。

120

何故かというと、この時はamazonも激安をします。

ただし、amazonから購入するとライバルが群がり価格の下落が強烈です。

特に初心者の方が、ブラックフライデーやサイバーマンデーに煽られて安くなったから
ここぞとばかりにamazonからでも交渉無しで10個20個50個

とか仕入れる方がいますが、タイミングを逃すと利益を取るのに4カ月位待たされる可能性が高いです。

amazonという馬鹿でも仕入れができる所で仕入れても利益なんかたいして取れませんよ。

皆さん、camelcamelcamelでセットしてるので、すぐに参入して痛い目を見ると思います。

ただし、全ての商品がダメな訳ではないです。

それでもamazonがどんなに安くても僕は仕入れません。

それなら1年に1回のセールなので利益率を取りにいきます。

amazon輸入と言っても色々な攻め方が存在します。

l_006

Amazon(アマゾン)輸入 ブラックフライデー 

やんぞうです。

さてさて、ブラックフライデーも間近にせまってきましたね。

僕はネットで商品探しをすると思います。

この時期は現地ツアーとかのツアーを企画している方もイッパイいますね。

この動画www

https://www.youtube.com/watch?v=5w7FjW3QeiQ

現地はすごいですねw

こんなの嫌だよ。

僕はというと、ブラックフライデーの時は、のんびりとPCをいじっています。

各自、熱い思いを向けてブラックフライデーに参戦すると思いますが、

l_107

価格を下げないでww

売れる値段で売ろうよ。

これ大事

Amazon(アマゾン)輸入を始めるには?

やんぞうです。

今回は、Amazon輸入を実践していない方の記事になりますので
実践をしている方は、飛ばして下さい。

Amazon輸入を始めるには?

どうしたらいいか?

Amazon輸入をシッカリ覚えるまでは時間は掛かりますね。

例えば、今日始めようと開始をしても各種登録関係や本人確認等で1週間程掛かります。

そこからリサーチ、リサーチの嵐ですね。

030

そもそも実践者ではない方は、リサーチという言葉すらあまり耳にしないのでは
ないでしょうか?

ネット販売者に取ってはリサーチという言葉は嫌でも耳にします。

勿論、僕も連呼です。

では、リサーチとは?

単純に一言でいうと儲かる商品を見つける事をリサーチと呼びます。

最初は仕入れ先等を持っていない為に仕入れ先探しからのスタートになりますが、

仕入れ先探しをしている段階でも利幅があるなとかの商品を目にしますが、始めは利益を取るというよりも販売用アカウントを育てるという事に意識をして下さい。なので利幅があるなという商品を見つけてしまったら拾っていきます。

Amazon輸入の場合、

仕入れ先が海外なので、

仕入れた商品を転送会社に送って、ある程度の量が届いたら転送かけます。

纏めて送った方が海外から日本へ送る時の送料が安くなる為に
重さが必要です。

ここで有名な転送会社(アメリカの場合)

Myusという転送会社があります。

https://www.myus.com/

アメリカ以外の国

例えば、ヨーロッパ圏は転送会社を使う事により、VATという税金が掛かるので直送だと、
VATは掛かりません。

なので、ヨーロッパ圏は直送がオススメですね。

257

話をアメリカの場合に戻しますが

転送をかけてから商品到着まで1週間位で届きます。

商品が到着したらアマゾンの倉庫に納品をして、

Amazon輸入販売開始となります。

流れは、こんなイメージです。

Amazon(アマゾン)輸入 売れ行きを良くする方法

やんぞうです。

amazon販売をしていて売れ行きが思いのほか悪かったりした商品の場合は
どう対処するべきか?

この問いについては、ライバルの有無で内容が変わっていきます。

amazon内での露出度を増やせばいいだけです。

うん?

amazon内で露出度を高めるには、2通りのやり方があります。

014

1番目のやり方

Amazonスポンサープロダクトを使うというやり方ですね。
今なら、5000円分無料で使えるので
下記からamazonのサイトに飛んで早速使ってみましょう。

http://services.amazon.co.jp/services/sponsored-products/how-it-works.html

使い方は簡単で、

キャンペーン名
1日の平均予算
開始日/終了日
ターゲティングの種類を選択

を選び、

ターゲティングの種類には、
オートターゲティングとマニュアルターゲティング、の2種類がありますので説明文を読んで、
お好きな方を選べばいいと思います。

キーワードが良くわからない場合は、オートターゲティングで大丈夫です。

ようするにamazon内で売りたい商品の広告を載せることで、
その広告がクリックされるごとに1クリック辺り〇〇円といった感じで
課金をされてく広告です。

Google検索などの上や右側に広告がありますよね?

あの広告と同じイメージをして下さい。

あれのamazon版です。

使い方は簡単ですが、クリック課金型(PPC広告)なので、最初の金額設定は低めにしておかないと
広告費だけ取られるというオチもww

とりあえず無料分は使って下さい。

174

2番目のやり方

これはライバルがいないという話で進めさせてもらいます。

価格をさげましょう。

はぁ?

そんな事いちいち記事にするなよ。

っと思われる方もいると思いますが続きがあります。

価格を下げると売れますよね?

売れたら、amazon内でランキングが上がります。

そうすると、自然に露出度が高まる為に売れ行きが良くなります。

なので、ワザと利益を減らして数個売ってから値段を少しつつ上げていけば
いいので、これも簡単ですね。

とりあえず2通りのパターンを出してみました。

amazon(アマゾン)輸入ビジネスとは?

やんぞうです。

今回の記事はamazon輸入を実践していない方向けの記事になりますので、すでにamazon輸入販売をしている方は読んで頂いても知ってるよ。

という事になりますので飛ばしてください。

amazon輸入とは?

まず、amazonで輸入商品を販売する事がamazon輸入と呼んでいますが、

媒体(売る場所)

amazon以外にも、ヤフー、楽天、独自ネットショップと媒体は多数ありますが、やはりamazonの販売力とFBAのサービスがあるので初心者の方はamazon販売から始めるのはいいと思います。先ほど、FBAというサービスがあると伝えましたがこれは非常に便利でもし、このサービスが無ければ僕はネット販売というビジネスに手を出さなかったと思います。

071
FBAの何が凄いかというと、amazonで販売したい商品をamazonの倉庫に納品をすれば、梱包、発送、入金等の全ての作業をamazonのスタッフに任せる事が出来ます。なので商品が売れたとしても自分で商品を発送する手間が省けます。

ただしamazonの倉庫に納品をする時は自分でやりますがこの時に各商品事にバーコードのラベルのシールを貼るという作業はあります。

FBA納品代行会社もあるので、自分でラベルのシール貼りをやりたくない方は納品代行会社を利用してもいいと思います。

オススメの納品代行会社は知りません。

109

何故かというと、僕が利用してないからです。

何故?利用しないかというと

納品代行会社が日本人の場合、仕入れ先から金額まで全てのデータを日本人がやっている納品代行会社にバレてしまう為に僕は利用していません。

話を戻しますが、FBAのサービスで特に凄いのがマルチチャネルというサービスで1度amazonの倉庫に納品をすれば、amazon以外で販売をして売れたらマルチチャネルを使いamazonの管理画面から発送手続きができるので

商品をとりあえずamazonの倉庫に納品をしてしまえば個別に発送をしないで良いのでほったらかしで大丈夫なので、管理も楽だし梱包作業をしないので自動という言い方がピッタリきます。

amazonのサービスを知れば知る程、どれだけ作業短縮になるかビックリすると思います。

Amazon(アマゾン)輸入 仕入れ先探し

やんぞうです。

仕入れ先探しについての話ですが、Google shopping

までしか検索をかけない方は多いと思いますが、

そこからもう少し奥に入って探してみませんか?

065

奥に入って探すには?

Google.com

yahoo.com

で検索をかければ、Google shopping に出てこない仕入れ先も見つかります。

ただし、この方法は非常に地道な作業になりますが、

更に上流を目指すならメーカーに交渉ですね。

メーカーのHPに飛ぶ方法は、

僕は、

メーカー名+.com

メーカー名+.com/online

で、メーカーのHPに飛びます。

この時の注意点

メーカーといっても

1流、2流、3流、

と、ありますが僕達位の資金力だと、1流メーカーは相手にしてくれないと思います。

ただし、この記事を読んでる方で1流メーカーと取引きをしている方もいるかもしれませんが、
1部の方だと思います。

なので、狙うは2流、3流メーカーですね。

この時の注意点

たまに、この場合は日本代理店があったとしても

独占販売契約を結んでない限りチャンスはあります。

メーカーによっては、複数の代理店契約もOKというメーカーも存在します。

何でもありだなwww

ただ、1流メーカーはそうはいきませんね。

なので、この時は1流メーカーではなく2流、3流メーカーを狙いましょう。

Amazon(アマゾン)輸入 ヤフオクからの分析 オークファン

やんぞうです。

僕は4つの媒体を使い商品を販売していますがその中での1つのヤフオクについて説明をしようと思います。

073

以前も説明しましたが、

ヤフオクの手数料が改定されます。

現状の5.4%から、8.64%へ値上げとなります。

Yahoo!かんたん決済手数料および落札システム利用料の改定について

http://pizza-ex.jp/Lbb30477/113411

これは、単純に出品者負担なので単価が安いものを扱っている人は、
ダメージがあると思います。

さて、アマゾンリサーチと併用でオークファンでリサーチを
織り交ぜながらやればより細かいデータが取れます。

ただし、アマゾンがメインなのでアマゾンでのリサーチの次に覚えて下さい。

オークファンというのを説明すると、

オークファンは約300億件のオークションデータがあり、

Amazonの売買データも保有しており、
この業界随一のデータ量を誇る。「安く買う・高く売る」為のツールです。

なのでデータをもとに仕入れをするので、役に立つと思います。

物販は全てデータで考えていくので是非オークファンを活用してみてください。更にオークファンのデータより掘り下げたい人はオークファンプロをオススメします。

 

 

オークションにしてもAmazon販売にしても海外サイトを使うにしてもネット販売は、いかに安く買って、高く売るというシンプルなビジネスですから
いくらで売れていくらで買えるのかが解れば誰でも利益を出せるでしょう。それが全てデータで攻略できてしまうのですからいかに稼ぎやすいかは言わなくても解ると思います。

堅実に稼ぐためには、瞬間的な状況に右往左往することなくできるだけ多くのデータ量から相場や傾向を掴む必要があります。

Amazon(アマゾン)輸入 仕入れに対しての交渉の仕方

やんぞうです。

皆さん、仕入れをする時に交渉はしていますか?

例えばAという商品があったとします。

このAという商品に対して何件に交渉文を送りますか?

まさか、1件にしか送らないとか

そんな事は、してないですよね?

僕の場合は、片っ端から送りますよ。

イーベイにも複数交渉!

006

ネットショップなら、お問い合わせ欄から簡単に送れますけど

イーベイだと1個、購入しないとアドレスがGETできないので、

イーベイでも数件から購入して、その数件全てに交渉します。

最初の数件からの仕入れは別に利益がなくてもいいんじゃないかな。

仕入れ交渉において最も大切なこととは?

大切な事は今現在、どこが1番安くしてくれて

継続的に仕入れが出来るセラーを見つけた方が最終的には

作業量+利益は残るハズなので、

例え、イーベイの最安値の方だけに交渉をするのではなく、

無理してでも3ヶ所くらいから購入して1番安くしてくれるセラーを見つけましょう。