amazon(アマゾン)輸入ビジネスとは?

やんぞうです。

今回の記事はamazon輸入を実践していない方向けの記事になりますので、すでにamazon輸入販売をしている方は読んで頂いても知ってるよ。

という事になりますので飛ばしてください。

amazon輸入とは?

まず、amazonで輸入商品を販売する事がamazon輸入と呼んでいますが、

媒体(売る場所)

amazon以外にも、ヤフー、楽天、独自ネットショップと媒体は多数ありますが、やはりamazonの販売力とFBAのサービスがあるので初心者の方はamazon販売から始めるのはいいと思います。先ほど、FBAというサービスがあると伝えましたがこれは非常に便利でもし、このサービスが無ければ僕はネット販売というビジネスに手を出さなかったと思います。

071
FBAの何が凄いかというと、amazonで販売したい商品をamazonの倉庫に納品をすれば、梱包、発送、入金等の全ての作業をamazonのスタッフに任せる事が出来ます。なので商品が売れたとしても自分で商品を発送する手間が省けます。

ただしamazonの倉庫に納品をする時は自分でやりますがこの時に各商品事にバーコードのラベルのシールを貼るという作業はあります。

FBA納品代行会社もあるので、自分でラベルのシール貼りをやりたくない方は納品代行会社を利用してもいいと思います。

オススメの納品代行会社は知りません。

109

何故かというと、僕が利用してないからです。

何故?利用しないかというと

納品代行会社が日本人の場合、仕入れ先から金額まで全てのデータを日本人がやっている納品代行会社にバレてしまう為に僕は利用していません。

話を戻しますが、FBAのサービスで特に凄いのがマルチチャネルというサービスで1度amazonの倉庫に納品をすれば、amazon以外で販売をして売れたらマルチチャネルを使いamazonの管理画面から発送手続きができるので

商品をとりあえずamazonの倉庫に納品をしてしまえば個別に発送をしないで良いのでほったらかしで大丈夫なので、管理も楽だし梱包作業をしないので自動という言い方がピッタリきます。

amazonのサービスを知れば知る程、どれだけ作業短縮になるかビックリすると思います。

Amazon(アマゾン)輸入 仕入れ先探し

やんぞうです。

仕入れ先探しについての話ですが、Google shopping

までしか検索をかけない方は多いと思いますが、

そこからもう少し奥に入って探してみませんか?

065

奥に入って探すには?

Google.com

yahoo.com

で検索をかければ、Google shopping に出てこない仕入れ先も見つかります。

ただし、この方法は非常に地道な作業になりますが、

更に上流を目指すならメーカーに交渉ですね。

メーカーのHPに飛ぶ方法は、

僕は、

メーカー名+.com

メーカー名+.com/online

で、メーカーのHPに飛びます。

この時の注意点

メーカーといっても

1流、2流、3流、

と、ありますが僕達位の資金力だと、1流メーカーは相手にしてくれないと思います。

ただし、この記事を読んでる方で1流メーカーと取引きをしている方もいるかもしれませんが、
1部の方だと思います。

なので、狙うは2流、3流メーカーですね。

この時の注意点

たまに、この場合は日本代理店があったとしても

独占販売契約を結んでない限りチャンスはあります。

メーカーによっては、複数の代理店契約もOKというメーカーも存在します。

何でもありだなwww

ただ、1流メーカーはそうはいきませんね。

なので、この時は1流メーカーではなく2流、3流メーカーを狙いましょう。

Amazon(アマゾン)輸入 ヤフオクからの分析 オークファン

やんぞうです。

僕は4つの媒体を使い商品を販売していますがその中での1つのヤフオクについて説明をしようと思います。

073

以前も説明しましたが、

ヤフオクの手数料が改定されます。

現状の5.4%から、8.64%へ値上げとなります。

Yahoo!かんたん決済手数料および落札システム利用料の改定について

http://pizza-ex.jp/Lbb30477/113411

これは、単純に出品者負担なので単価が安いものを扱っている人は、
ダメージがあると思います。

さて、アマゾンリサーチと併用でオークファンでリサーチを
織り交ぜながらやればより細かいデータが取れます。

ただし、アマゾンがメインなのでアマゾンでのリサーチの次に覚えて下さい。

オークファンというのを説明すると、

オークファンは約300億件のオークションデータがあり、

Amazonの売買データも保有しており、
この業界随一のデータ量を誇る。「安く買う・高く売る」為のツールです。

なのでデータをもとに仕入れをするので、役に立つと思います。

物販は全てデータで考えていくので是非オークファンを活用してみてください。更にオークファンのデータより掘り下げたい人はオークファンプロをオススメします。

 

 

オークションにしてもAmazon販売にしても海外サイトを使うにしてもネット販売は、いかに安く買って、高く売るというシンプルなビジネスですから
いくらで売れていくらで買えるのかが解れば誰でも利益を出せるでしょう。それが全てデータで攻略できてしまうのですからいかに稼ぎやすいかは言わなくても解ると思います。

堅実に稼ぐためには、瞬間的な状況に右往左往することなくできるだけ多くのデータ量から相場や傾向を掴む必要があります。

Amazon(アマゾン)輸入 仕入れに対しての交渉の仕方

やんぞうです。

皆さん、仕入れをする時に交渉はしていますか?

例えばAという商品があったとします。

このAという商品に対して何件に交渉文を送りますか?

まさか、1件にしか送らないとか

そんな事は、してないですよね?

僕の場合は、片っ端から送りますよ。

イーベイにも複数交渉!

006

ネットショップなら、お問い合わせ欄から簡単に送れますけど

イーベイだと1個、購入しないとアドレスがGETできないので、

イーベイでも数件から購入して、その数件全てに交渉します。

最初の数件からの仕入れは別に利益がなくてもいいんじゃないかな。

仕入れ交渉において最も大切なこととは?

大切な事は今現在、どこが1番安くしてくれて

継続的に仕入れが出来るセラーを見つけた方が最終的には

作業量+利益は残るハズなので、

例え、イーベイの最安値の方だけに交渉をするのではなく、

無理してでも3ヶ所くらいから購入して1番安くしてくれるセラーを見つけましょう。

Amazon(アマゾン)輸入 海外ショップへの問い合わせ

やんぞうです。

少し実務的なお話をしようと思います。

海外ネットショップにコンタクトをとる時に、てっとり早いのが電話で
次は、FAXでその次がメールです。

026

僕は、電話は無理www

まぁ、外注を探せばいいだけですが、

探し先は、

SOHO

で探せば見つかると思います。

FAXで送る場合も相手の見落としはなくなるので、オススメします。

ま、メールでも十分ですが少しでも返信率を高めたかったら上の順番で試していけば
いいと思います。

さてネットショップでも大きな会社もあるので、営業部門に繋いでくれとかの
ニュアンスを入れると、返信率は高まる傾向が高いです。

気になる方は、1度お試ししてください。

Amazon(アマゾン)輸入 交渉内容は?

やんぞうです。

今回は、交渉の内容を記事にします。

l_058

まず、相手に

Hi I am 00.

I wan to get 10pc of 000(商品名)
, is it
possible to get them?
If yes, please advise me its unit price.
Thank you in advance.

ようするに10個買うから安くしてくれと伝えたら、

相手から、

Yes, we could can get 00(商品名)

The price is US $140 each, shipping fee is NOT included yet. (EMS shipping fee is around US $5-6 per kg.)

Please confirm, we will than send you the Paypal invoice (US $1400 in total).

内容は、140ドルにするよ。って言っています。
イーベイ価格179ドルの商品です。

んで、僕は

In addition, can you make 000(商品名), $130?
It is low margin rate for $140 so your consideration will be highly appreciated.

130ドルにしてくれと言ったら

相手から、

Hello,

For $130, it’s even lower than the manufacturer’s wholesale price, so it’s not possible at the moment.

How about $136 each? It’s our lowest price to you, and to be honest, we only earn about $2.5 / pcs.

Thanks.

説明すると、メーカーの卸売り価格より低いといっています。
んで、136ドルで販売をしても1個あたり2.5ドルしか利益がでないとなげいていますwww

こんな流れになりますね。しょうがないので136ドルで買いましたw

Amazon(アマゾン)輸入 交渉文

やんぞうです。

さて、僕が使っている交渉文は、

121

ショップの場合は、

はじめまして。○○といいます。
私は日本のAmazonで販売しています。

私は強い仕入れ先を探しています。

あなたが、販売している○○という商品は日本でも需要があり
○○個購入したいのですが、ショップでの価格が○○ドルとなっていますが、
お値引きして販売していただけないでしょうか?

もし可能なら商品単価を教えて下さい。

継続的にあなたから購入する事を約束します。

よろしくお願いします。

Hi, this is 00.
It is my first time to contact you.
I am selling items on Amazon in Japan.

I am looking for the strong place where I can purchase from.

The item of OO which you are selling, has a demand
in Japan as well, and I would like to purchase oopc,
but the price at the store is shown as $OO,
I am just wondering if you could give me a better deal.

If possible, please advise me the unit price for this item.

I do promise to you that I will purchase it from you on regular basis.

Thank you for your time and consideration.

イーベイの場合は、

こんにちは。○○を購入した○○事○○といいます。
イーベイに出品している○○という商品をあと○○個購入したいのですが、
イーベイ手数料を割り引いて販売していただけませんか?

もし可能なら商品単価を教えて下さい。
すぐにペイパルより支払いますので、よろしくお願いします。

Hello. This is 00 as 00 who purchased OO.
I would like to purchase OOpc more of item which is called OO
and listed on eBay, I am just wondering if you could sell them to me
by deducting the eBay fee.

If possible, please advise me the unit price for this itme.
I can make payment through PayPal soon.
Thank you for your time and consideration.

こんな感じのメールを送っています。

参考までに、

Amazo(アマゾン)販売 他販路物販とタイプ それぞれの特徴

やんぞうです。

物販って色々な稼げる手法がありますが大きく分けると3タイプに分かれると思います。

ではどのようなタイプがいるでしょうか?

015

せどりタイプ
独自の情報や知識、ツール等をフルに使い、
価格差のある商品を追い求める、トレジャーハンター。

いつもでもどこでも、

儲かる商品がないかと目をギラギラさせてるww

彼らに共通していえる事は、経営者としての意識が少ない

売って儲かればそれでいいww
というタイプ。

交渉タイプ

とにかく安く仕入れるという商売の基本を愚直に追及していくタイプ。

一番王道的な手法なだけあって、自分たちの手法こそが最も優れていると思っている。

物販を楽しむというより、口を開けば

交渉がー

とか

レバレッジガー!とかしか言わないww

もろに僕がコンサル業務で教えてる手法ですw

お金を稼ぐことにどこまでも追及しているのがこのタイプ。

 

新商品タイプ
日本でまだ誰も売ってない商品を
販売していくタイプ。

OEM等の独自商品を扱う人もここに含まれます。

この手法が儲かるからというのもありますが考えたり、工夫したりするのが好きな人達で物販という仕事に対して、やりがいを感じている方達ですね。

テクニカルな手法にも精通しており相乗りさせないような細かい手法を用いて商品ページを上手く作っています。

例えばアマゾンで画像が解りずらかったりリサーチしにくい商品はこの人たちの出品手法なので、シッカリ見て勉強をさせてもらいましょう。

とりあえず3パターンに分けてみました。

Amazon(アマゾン)輸入 ライバルが無在庫セラーの場合

やんぞうです。

リサーチしているとランキングが高い商品でもFBAセラーがいない場合があります。

l_033

この場合は、もしかするとFBAに納品が出来ない商品の可能性もありますが、
気になる場合はテクニカルサポートに問い合わせればいいですね。

他のパターンで無在庫セラーがいて価格を見るとほぼ利益がでないので、その商品の取り扱いを
諦めるセラーがいますが

ちょっと待ってください

その商品は儲かりますよ

答えは簡単でFBAに納品して販売すればいいんです。

FBA出品の場合が無在庫セラーの最安値に価格をあわせる必要はありません。
通常であれば無在庫最安値価格の1.2倍位の価格で売れます。

ホリデーシーズンの場合は1.3倍位でも売れます。

これは大事な話なので、上記のような商品をみつけた場合は
是非チャレンジしてみて下さい。

Amazon(アマゾン)輸入 利益率を上げるには

やんぞうです。

さて、利益率を上げるには

どうすればいいか?

038

まず、考えれるのが仕入れ価格を下げることですよね。

それか、販売価格を上げるかですかね

ただ、アマゾンで販売をしていると販売価格を上げるには

ライバルがいなくならないと上げることができないですね。

次に考えれるのが、送料等のコストダウンをするしかないです。

更に考えると、アマゾン以外でも販売をして、各プラットフォームでの販売価格を変える事です。

っで、更に考えていくと赤字の商品を減らすことですね。

この赤字になるパターンは複数ありますが、1番多いと思われるのは仕入れ国での販売価格の下落でライバルが群がる時ですね。

価格調整は、海外での販売価格が下落していなければ、待っていれば自然と自分の番が回ってきます。

経験を積めば、簡単に見えてくると思いますので

小さな視野ではなく、もう少し全体像を意識してみてください。